国に関係なく「飲んだら乗るな、乗ったら飲むな」はドライバーが守らなければならない原則として認識されている。中国メディアの捜狐は16日、日本は中国と比較すると飲酒運転が少ないと主張し、「日本人をよく知れば、その理由が理解できる」と指摘する記事を掲載した。

 記事は、中国では飲酒運転による事故の発生が後を絶たないと指摘し、日本も自動車社会であるのに「なぜ飲酒運転が中国と比べると少ないのか」と・・・・

続きを読む