日本と韓国のレーダー照射問題は解決の糸口が見えず、膠着化している。中国メディアの中国経済網は20日、日韓のレーダー照射問題について「終わりが見えない」と伝えつつ、日韓両国の同盟国であるはずの米国ですら「日韓の軋轢には深く介入しようとしない」と論じる記事を掲載した。

 記事は、レーダー照射問題について、日韓の主張は双方で大きな食い違いを見せており、「解決どころか、日韓両国の軋轢は日増しに拡大している」と指摘し、日韓のネット上でも互いに相手を罵る声が高まってきていると指摘した。

 続けて、韓国国内では一部のメディアが「慰安婦問題で日韓が対立するなか、日本はレーダー照射・・・・

続きを読む