1月10日からの1週間で、サーチナで最も読まれた記事ベスト3は以下の通りだった。

 第1位は、「日本を軽視した国は『大きな代償を払った』、日本軽視は『あまりにも危険』=中国メディア」(公開日:1月11日)。中国メディアが報じた「歴史上、日本を軽視した国はいずれも大きな代償を払うことになった」という記事の紹介。大きな代償を払った例として紹介されているのは、日清戦争で、当時「アジア最大の艦隊」を擁していた清国が日本に手痛く敗れたこと。また、日露戦争でのロシア。急速に経済発展した中国には、「もはや日本は恐れるに足らず」という見方もあるようで、中国メディアとしては、この見方に対し、警鐘を鳴ら・・・・

続きを読む