近年、中国で日本食を提供する飲食店が増加しているが、そこでは中国人の好みにアレンジされた日本料理が提供されている。日本にも中華料理を提供する飲食店が多数あり、なかには日本人が経営する中華料理店も少なくない。中国メディアの今日頭条は13日、「日本人の作った中華料理」を紹介する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は、かつて日本に住んでいたときに中華料理店でアルバイトをしていたようだ。その中華料理店は筆者以外の店員は調理人も含めてすべて中国への渡航歴のない日本人だったという。メニューは一般的な中華料理店と同じで、「麻婆豆腐」や「酸辣湯」、「チンジャオロース」など日本人が好む料理が並んでいたと伝えている。

 だが、中国人からすると「麻婆豆腐」は山椒辛くなく、ただの赤く甘い豆腐料理であったり、「酸辣湯」は酸っぱくも辛くもなかったと紹介し、本場中国で提供される料理とは同じではなかったと指摘。だが、味そのものは悪くなかったと強調している。続けて、日本で提供されている中華料理は味が日本人の好みにアレンジしてあるため、日本の中華料理は中国で食べるものと味がまったく異なっていると伝えた。

 一方、中国の中華料理店と異なる点としては「厨房内が非常に清潔に保たれている」ことや、油で揚げる料理の場合は余分な油を切ってから客に提供するなどの細かなところまで気が配られていたと伝える一方、エビをメインにした料理であっても「日本では数尾しかエビが入っていない」など、各料理の量は中国と比較して非常に少ないことは残念であると主張した。

 記事の主張と同じことが、中国で日本料理を提供している飲食店にも当てはまる。中国で増加している日本料理店では各料理が中国人の好みにアレンジして提供されているため、日本人からしたら奇妙な味や見た目だと感じることがあるだろう。日本の居酒屋風の店も増えているゆえ、中国を訪れる機会があれば、中国風にアレンジされた日本料理を楽しんでみるのもおもしろいかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)