警察庁によれば、2018年に交通事故で死亡した人の数は前年比4.4%減の3532人だった。警察庁が保有する1948年以降の統計で最少だったという。未だ不幸な事故で命を落とす人がいるのは悲しいことだが、死亡者が減り続けていることについては交通安全に対する取り組みの成果と言えるだろう。

 経済発展によって自動車の保有台数が急激に増加している中国では自動車事故も急増していて、交通事故の死亡者は・・・・

続きを読む