日本を訪れる中国人は「日本は秩序がある」と感想を述べるが、一体どのような点から「秩序」を感じるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本には秩序があるから、社会全体も効率が高い」と伝え、日本で見られる秩序を体現する様々な行為について紹介する記事を掲載した。

 記事は、「日本人の最大の特徴は秩序を大切にすることだ」と伝え、中国国内の路上で普遍的に見られる「信号無視」は日本では見られないと指摘し、「日本では誰もが交通ルールを守っているからこそ、路上には秩序があり、効率的な交通が実現されているのだ」と指摘した。

 確かに中国ではどこでも「信号無視」をする歩行者や車を見かけることができる。中国の歩行者による信号無視は一般的に「中国式過馬路」と呼ばれていて、横断歩道の信号を無視したり、横断歩道のない場所で大勢の歩行者が一斉に道路を渡ったりするケースが多く、スムーズな交通を阻害する行為であるとして一種の社会問題として扱われている。

 続けて、日本社会の秩序は「地下鉄でも実感できる」と伝え、車両の到着を待つ乗客たちは自発的に列を作って並んでいると紹介。また、車両が到着すれば、まず車両から降りる客が優先され、その後に乗客が乗り込むのがマナーであり、誰もがこのマナーを守っていると指摘し、「誰かに強制されるわけでもないのに、スムーズな乗り降りが実現されている」と指摘した。

 記事は、列に並ぶという行為は「非常に小さな行為」に見えるかもしれないが、それは「秩序を体現する行為」であると指摘。日本は小さな行為ですらおろそかにしないからこそ、高効率な社会が実現されていると強調し、中国が日本のような効率的な社会を実現するためには「非常に小さな行為に真剣に取り組む必要がある」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)