13日に行われたサッカーアジアカップ・グループリーグの日本―オマーン戦で、日本はPKで得た1点のみで辛勝し、決勝トーナメント進出を決めた。この試合で起きたDF長友佑都選手の「ハンド疑惑」が中国のサッカーファンの間でも物議を醸しているが、日本代表に注目する中国のネットユーザーは「それ以前の問題」を指摘しているようだ。

 試合は前半28分にMF原口元気選手のPKで先制。しかし、その後は追加点・・・・

続きを読む