中国メディア・鳳凰網は12日、東南アジアには今もなお日本を「解放者」として扱い、親近感を抱く国があるとする記事を掲載した。

 記事は「東南アジアの各国、とくにミャンマーやベトナムでは、日本を歴史上で英国やフランスの植民統治を終わらせた『解放者』と考え、日本に対して友好的な態度をとる人が少なくない」と紹介。特にミャンマー国内に行くと、その雰囲気を直接感じることができるとした。
・・・・

続きを読む