国内総生産(GDP)の規模で日本を抜いて世界第2位の経済規模となった中国。今も経済成長が続いている中国に対し、日本は経済成長率が低迷していて、中国との差は開く一方と言える。そのためか、中国ネット上では「もはや日本など恐れるに足りない」といった論調を見かけるようになったのも事実だ。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、「歴史上、日本を軽視した国はいずれも大きな代償を払うことになった」と論じ・・・・

続きを読む