昨年末、中国の大手通信機器メーカー・華為技術(ファーウェイ)は強い逆風を受けた。日本国内でも次世代5G通信の基地局設備の調達先から排除される見込みとなったが、一方で、消費者向けのスマートフォンは好調だ。その一因には、日本で品質面での信頼を勝ち取ったことがあるという。中国メディア・東方網は9日、「ファーウェイのスマホは、品質に対して変態とも言うべき日本人をどうやって征服したのか」とする記事を掲載した。 <・・・・

続きを読む