中国メディア・東方網は9日、サッカーアジアカップで格下のトルクメニスタンに辛勝した日本代表について、日本のネットユーザーの多くが「0点」の評価を下すほどの不満を抱いていると報じた。

 記事は、9日の日本代表の戦いについて、前半に相手に先制を許して折り返し、後半にFW大迫勇也選手とMF堂安律選手の2人で3得点を挙げて逆転するも、その後1点差に詰め寄られて結局3-2の僅差での勝利になったと・・・・

続きを読む