中国メディア・東方網は7日、「どうして日本3Dアニメは、中国産よりも自然に見えるのか」とする記事を掲載した。記事が着目した日中間の違いのポイントは、設備やソフトではないようだ。

 記事は、ここ数年日本では3DCGアニメーション作品がますます多くなっていて、その多くが3Dと2Dの融合、すなわちCGと手書きの折衷効果を狙った技術を採用しており、2次元アニメの愛好者がCGアニメーション作品を見・・・・

続きを読む