中国の経済発展につれて、中国の自動車保有率も高まっている。中国人からすると、すでに自動車が国内全体に普及している日本の自動車事情についても気になるようだ。中国メディアの今日頭条は4日、日中の自動車市場では「売れ筋の車は大きく異なる」とし、「日本で支持を集め続ける軽自動車が、なぜ中国では受け入れられないのか」と問いかける記事を掲載した。

 日本の軽自動車は排気量や車体サイズなど、厳格な規格が定められた世界でも珍しいカテゴリーにある車と言える。中国で走る小型の自動車は主に荷物を運搬するなど商用目的の自動車なので、小型車を自家用車として乗る中国人は決して多くはない。それゆえ中国人が日本を訪れて、街中で軽自動車がたくさん走っていることに驚く人は多いようだ。

 記事は、日本で多く走っている軽自動車は中国とは異なり、「日本人が日常生活で、出勤や買い物といった個人の移動の際に主に使われている」と説明。また、「小型の軽自動車は道路の狭い日本の道路事情に非常に適している」こと、また日本は早くから自動車社会となったため、「消費概念も成熟し、実用性を重視した車選びがされている」と指摘し、これが日本で軽自動車が支持される理由だと論じた。

 一方、中国人にとって自動車は、家と同じようにステータスを誇示するツールの1つとしての位置付けが強い。ゆえに自動車は、豪華で高級感のあるSUVやMPVといった排気量の大きな車が売れ筋となっている。また、家族で長距離の移動するという用途の面でも大きな違いがある。中国では、「2人目の子どもが認められるようになってから、さらに家族の数を考慮した大きな車が人気となっている」と紹介した。

 中国人消費者も軽自動車のメリットについては理解できるが、日本と中国では「環境や政策、交通機関の発達具合や、消費者の概念」が大きく異なるゆえ、「中国人は日本人のように軽自動車を欲しがらないのだ」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)