海外旅行の楽しみの1つに、現地の美食を楽しむことは欠かせないだろう。これは中国人旅行客にとっても同じで、日本旅行ではさまざまな料理を思う存分楽しめるバイキングが好まれる。しかし、中国人旅行客が選ぶ料理にはある傾向が見られるという。中国メディアの快資訊は5日、「中国人観光客が日本で食べないもの」に関する記事を掲載した。

 バイキングの良さは、自分の好きなものが好きなだけ食べられることだ。多くの人は自分の好きな料理のほかに、できるだけ高級そうな料理を選ぶものだろう。多くの中国人旅行客も同じで、「高級なものを多く食べて、安価なものは食べない」傾向があると言う。

 記事によると、中国人が高級だと思うものは「海鮮類と刺身」であり、安いと感じてあまり手を出さないのは「果物」だという。なかでもスイカは、中国人の中で最も安い食べ物と認識されているため、バイキングで食べる人はほとんどおらず、日本人を不思議がらせていると伝えている。

 記事は、中国ではスイカがいかに安いかについて力説。旬の時期には500グラム1元(約16円)で買え、10数元(200-300円)あれば何個も買えると誇らしげに伝えた。しかし、日本ではスイカがとても高く、島国なので海鮮類が豊富で安いため、中国人旅行客は「安いものをたくさん食べて高いものは食べない」と不思議がられ、「中国人は金持ちなのか」と思われているとしている。

 確かに、日本の果物は高いが、かといって海鮮類が特別安いというわけでもないだろう。それはさておき、バイキング形式の食べ放題では、中国人旅行客のマナーの方が問題になっている。食べきれないほど料理を取って残したり、食べ散らかしたりというトラブルもなかなかなくならない。まずは、マナーという基本的なところからしっかりしてもらいたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)