「食べ物は熱して食べる」のが当然のことになっている。子どものころから「加熱しないとお腹を壊す」と言われて育っているので、前日の残りものを食べる時でも温めるのは当然になっているという。そのため、日本人が冷めたいものを食べ、そのうえお腹も壊さないというのは考えられないようだ。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む