工作機械は「機械を作るための機械」であることから「マザーマシン」とも呼ばれている。日本は工作機械の分野で世界的に大きなシェアを獲得しており、中国でも日本の工作機械が広く使用されている。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、日本やドイツの企業が製造した工作機械は「長年使用しても、加工や工作の精度が落ちない」と伝え、どうすればこれだけ質の高い機械を生産できるのだろうかと疑問を投げかけている。・・・・

続きを読む