中国では近年の凄まじい経済発展により、都市部では高層マンションが建ち並び、先進国の都市と変わらないか、それ以上に近代的な街並みを見ることができるようになった。だが、内陸部の農村は発展から取り残され、昔ながらの農業で細々と暮らす農民が数多く存在する。それゆえ中国では農村あるいは農民といえば「貧しさ」の象徴となっているが、日本では農家でも豊かで快適な暮らしができることに驚く中国人は多いという。

 中国メディアの今日頭条は1日、日本の農村を紹介する記事を掲載し、もし、中国の農村が日本と同等の発展を遂げることができるのであれば、それは中国の農村には巨大な潜在力が存在することを示すと論じる記事を掲載した。

 記事はまず、日本の農村も中国と同様に「人口流出」に苦しみ、農業従事者の高齢化という問題に直面していると指摘する一方、日本では農業従事者の減少による利点も生まれていて、規模拡大を背景とする農業収入の増加が見られると主張。さらに、日本の農家は機械化や生産する作物の品質を向上に取り組んだ結果、農作物の市場価格は中国より非常に高く、安定した収入源とすることができたと論じた。

 中国の農村では今でも家畜を使った農業が行われていて、地域によっては道路を水牛が歩いている姿を目にすることができるほどだ。記事は、中国の農村はかつての日本の農村と似ており、「潜在能力がある」と主張。中国でも農村の若者達は都市に出て行く傾向にあり、農業従事者が減少しているが、農業従事者の減少は「逆にチャンス」であって、農業規模の拡大や農業収入の増加に繋がっていくはずだと分析し、農業従事者の数が4分の1になれば収入は4倍になるはずだとし、「中国の農業には将来性がある」と主張した。

 中国の農村部に発展の余地が残されているとはいえ、記事の主張のように農業従事者の数が減少すれば農業従事者の収入が増えるという単純なものではないだろう。今後の発展に大いに期待したいところだが、中国の農業従事者がまず取り組むべきは「安全で消費者が安心して食べることのできる作物を生産する」ことではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)