中国メディア・東方網は4日、中国のテレビ局が現実離れした「抗日神ドラマ」を大量生産した一方で、日本ではリアリティのある戦争ドラマが作られていたとする記事を掲載した。

 記事は、近年中国では数多くの抗日ドラマが放送され、その多くは「手で日本兵を引き裂く」、「当たり前のように弾丸を避ける」といったシーンを含む視聴率目当ての「抗日神ドラマ」と呼ばれるものだと伝えた。

 その・・・・

続きを読む