広大な国土を持つ中国では、南部の夏は暑くて長く、さらに湿度も高い。そのためエアコンは欠かすことの出来ない家電となっている。また、マンションやビルの多い中国では室外機を壁に設置することが一般的で、壁にズラッと並んで取り付けられている室外機を目にすることができる。

 中国メディアの一点資訊は1日、「日本ではなぜビルの壁にエアコンの室外機を設置しないのか」と、疑問を投げかける記事を掲載し、「日本の設置方法のほうが合理的だった」と伝えている。

 記事はまず、中国では以前からビルの壁に直接室外機を取り付けることが一般的で、作業員は非常に危険な環境下で取り付け工事を行わなければならないと紹介。壁に室外機を設置するということは、室外機や部品が落下した場合は他人に怪我を負わせてしまったり、命を奪ってしまったりするリスクがある。また、室外機が雨ざらしにされることによって、エアコンの耐用年数も短くなってしまう問題もあるのが現状だ。

 一方、日本でエアコンの室外機はビルの壁ではなく、ベランダなど設置やメンテナンスが容易な場所に設置してあることが一般的であると紹介している。そうすることによって、作業員は仕事が行いやすくなるだけでなく、部品の落下防止になったり、直接雨ざらしにならないためエアコンの寿命も長くなる利点があり、「日本の設置のほうが合理的だ」と強調している。

 記事が紹介していたように中国ではエアコンの室外機をはじめ、様々なものがビルの壁に設置してある。エアコンの室外から出る水も、そのまま垂れ流されていて下に滴り落ちている。それゆえ、歩道を歩く際には下だけでなく上にも注意を払いながら歩く必要がある。中国を訪れた際には決して下ばかり見て歩いていてはいけないことを覚えておいて欲しい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)