2019年1月7日から導入される国際観光旅客税。いわゆる出国税だが、これは2015年に導入された「富裕層向け出国税」とは別物で、日本から海外に出国する人に対し、日本人も含めて一律1000円を徴収するものだ。中国メディアの快資訊は3日、この税について紹介し、「中国人を狙って導入されたのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事はまず、この税について、2歳未満や、乗継旅客(入国後24時間・・・・

続きを読む