日本人女性は海外では優しくて勤勉で、理想の女性と言われることが多く、中国人男性からも人気だ。しかし、実際に日本人女性と結婚する中国人男性は多くない。それはなぜなのだろうか。中国の大手検索サイト・百度はこのほど、中国の男性は優しくて面倒見が良く、家庭も大事にするのに、なぜ日本人女性は中国人男性と結婚したがらないのかと題する記事を掲載した。

 記事は、中国人男性は結婚相手として「なかなか良い」と自画自賛。優しくて妻子をよく顧み、家庭的であると、まるで完璧な夫であるかのように伝えている。しかも、日本と中国は文化も外見も似ているためハードルが低く、日本人女性は中国人男性とって「可愛くて家庭的で理想の女性像」であるため、もっと多くの日本人女性が中国人男性を選んでもいいはずだと主張した。

 では、なぜ日本人女性と中国人男性の組み合わせは多くないのだろうか。記事は、「中国人男性の良さを理解していないわけではない」としつつ、国際結婚自体を受け入れがたく思っている人が多いのだと分析。親から離れて海外で生活するというのは不安が大きく、家庭円満ならどこに住んでも良い男性と比べると大きな負担となるのだという。

 そのうえ中国では女性の生活が「毎日忙しくていつも疲れている」ことも関係していると指摘。これは、男女平等を推し進めた中国では、家庭を持った女性もフルタイムで働き、帰宅後は家事もしなければならなくなったためだ。記事は、いくら中国人男性が良くても、「毎日疲れる」生活は自分にはできないとあきらめているのだと結論を下した。

 つまり、中国人男性が選ばれていないのではなく、中国で暮らすことが無理だと思われていると記事は言いたいようだ。記事は、この理由は中国人にとってショックだと感想を述べているが、果たして、記事の指摘する理由が正しいのかも疑わしい。そもそも、中国人男性が夫として理想的という前提になっているが、その中国では離婚率が上昇し続けているのが現実だ。いずれにしても、外国人に嫁いで海外で生活するというのは女性にとって大変なことであり、慎重に検討すべきことだといえるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)