中国では「日本人は英語が下手」だと認識している人は少なくない。実際、英語に対して苦手意識を持つ日本人は少なくないだろう。義務教育で英語を勉強したにも関わらず、なぜ日本人は英語が下手なのだろうか。

 中国メディアの捜狐はこのほど、世界的に見ても日本人ほど英語が下手な国民はそう多くは存在しないと伝えつつ、英語を苦手とする日本人が多い理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本を訪れたことのある中国人ならば「日本人がいかに英語を話せない国民」かを知っているはずだとし、日本人と交流がしたくても実質的に不可能だと指摘。日本はこれまで古代中国や欧米から様々なものを学んで成長してきた国であり、日本人はもともと「学習」することに長けた民族であるのに、「その日本人が英語を話せない」というのは理解に苦しむことであると論じた。

 続けて、日本人が英語を話せないのは「英語を軽視しているからではない」とし、日本では明治時代から英語教育が取り入れられてきたと紹介したほか、日本の街中には英語教室も数多く存在すると強調。それでも日本人が英語を話せないのは「発音の問題」と「文法や書記言語を重視し、コミュニケーションで必要となる口語を軽視してきた」のが原因であると指摘した。

 また記事は、日本人は「集団」を優先する国民性であり、集団との和を重視する傾向にあるとし、たとえ英語を話すことができても、大多数の日本人が英語を苦手とするなかで「1人だけ英語を流暢に話すこと」を恥ずかしがる人もいると主張。日本で暮らしていれば日本語さえ話せれば生活に支障が出ないこともあって、日本では英語が話せない人が多いのではないかと考察している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)