日本政府は26日、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退し、2019年7月から商業捕鯨を再開すると発表した。これにより、日本は30年ぶりに商業捕鯨を再開することになる。これに関し、中国メディアの新浪は26日、「クジラ肉を食べるためなのか」と題する記事を掲載、日本政府の決定に疑問を呈している。

 なぜ日本政府はIWCから脱退するのだろうか。記事は日本側の説明を紹介し、これまでずっと商業捕鯨の継続・・・・

続きを読む