米国の軍事力評価機関「グローバル・ファイヤーパワー」によれば、2018年における世界の軍事力ランキングの1位は米国、2位はロシア、3位は中国だった。日本は世界8位であり、中国とは一定の差があることが分かるが、中国メディアの今日頭条は23日、自衛隊は「恐ろしいほどの実力を持つ」と主張し、日本に警戒すべきだと伝えている。

 記事は、日本は第2次世界大戦の敗戦国であり、戦争の放棄や交戦権の否認・・・・

続きを読む