インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていたが、「一帯一路」構想を推進する中国がインドネシアにとって極めて有利な条件を提示し、プロジェクトを受注した。

 世界初の高速鉄道である新幹線を採用せず、中国高速鉄道を採用したインドネシアの判断は果たして正しかったのだろうか。中国メディアの快資訊はこのほど、「インドネシアが日本を捨て、中国を選んだことは正しかったのか」を考察している。

 記事はまず、「新幹線の安全性の高さはこれまでの歴史が証明しているが、中国高速鉄道の安全性は新幹線に比べて大きく劣っている訳ではない」と主張。新興国といえども1人あたりGDPが3800ドルほどのインドネシアにとって安全性よりも重要だったのが「建設コスト」だったと指摘し、建設コストが新幹線より安い中国高速鉄道であれば、営業開始後の乗車料金も安く設定することができると伝え、その意味でインドネシアの選択は賢明だったと主張した。

 さらに、中国高速鉄道は自国で技術の開発を進め、さまざまな技術や部品の国産化を実現していると主張する一方、日本が納入した英国の高速鉄道では空調から水漏れが発生するトラブルがあったと主張。今や日本製の神話は崩壊していると主張し、技術の点から見てもインドネシアの選択は間違っていなかったと主張した。

 中国は一帯一路構想の実現に向け、チャイナマネーをばらまきながら各国でインフラ建設を行ってきたが、近年はモルディブを始め、膨らんだ対中債務に苦しむ国に対する注目が集まり、チャイナマネーに対する警戒が高まっている。中国高速鉄道を選んだインドネシアの判断が正しかったかどうかは、高速鉄道の開通後にすべて分かるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)