いま最も世界に影響力があるとされている現代美術家、アイ・ウェイウェイ氏の監督最新作『ヒューマン・フロー 大地漂流』が、2019年1月12日(土)に公開される。本作は、23カ国40カ所もの難民キャンプと国境地帯を巡り、貧困、戦争、気候変動などで増え続ける難民たちの今をカメラに捉えたドキュメンタリーとなっている。中国出身のアイ・ウェイウェイ監督は、文化大革命の当時に、家族全員が国から強制追放され、四川大地震で当局の責任追及などをした関係で自宅に軟禁された経験も持つ。「難民危機は私の危機でもある」と語る監督の言葉が、フイルムに焼き付けられたようなドキュメンタリーになっているようだ。

 アイ・ウェイウェイ監督は、本作を製作したきっかけについて、「欧州で暮らし始めて、この地における難民の状況を理解したいと思うようになった。だからギリシャのレスボス島へ行った」と語り、そこで初めて、話す言語も着ている服もそれぞれ違う、世界に知られていない難民たちの真の姿を見た。そして、「私は彼らを理解したいと思ったんだ。一体どんな人々なのか、誰も自分たちを理解しない未知の土地へ、命懸けで渡る理由を知りたいと思ったんだ」と製作への思いを語っている。

 また、芸術を通じて様々な問題を提起する彼に、なぜ難民問題を取り上げたかについて尋ねると、「難民危機は私の危機でもある。難民船から降りてくる人々は私の子供たちや両親兄弟だったかもしれない。私と彼らには何の違いもないんだ」と語った。

 アイ・ウェイウェイ氏も、生まれて間もない頃に反共産党として家族全員が国から強制追放され、人間に対する最悪の仕打ち、差別、虐待を見て育った過去を持っている。「彼らが凍えるような寒さにおびえていることや、雨に打たれたり飢えることを恐れていること、安心感を求めていることが私には理解できる。彼らは手を差し伸べられるのを待っているんだ。難民の子供たちの笑顔はまるで天使のようだよ。どの難民も皆美しい人々なんだ」と力強く語った。

 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)親善大使で難民支援に尽力しているハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー氏は、「アイ・ウェイウェイ監督は、レンズを通して純粋に難民たちを見つめている。難民たちの表情や声を撮り、彼らの多様性や、苦しみ、立ち直ろうとする強さを、映画を通して私たちに届けている。これは、今まさに私たちが直面している問題なのです」とコメントを寄せた。

 同じくハリウッド女優のメリル・ストリープ氏は、「この映画はとても素晴らしいです。アイ・ウェイウェイ自身が23カ国、40カ所の大規模な難民キャンプの旅に我々を連れて行ってくれるのです。この映画自体が難民のようなもので、あなたの目、心、知性を通して体中を巡り、やがてあなた自身へと吸収される映画なのです」とコメントしている。

 原題は、『HUMAN FLOW』。上映時間は2時間20分。後援:国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、認定NPO法人難民支援協会。配給はキノフィルムズ/木下グループ。2019年1月12日から、シアター・イメージフォーラム(東京)、テアトル梅田(大阪)、センチュリーシネマ(愛知)他で公開される。(写真は、Ai Weiwei with Meryl Streep at the special screening of HUMAN FLOW。提供:キノフィルムズ)