悠久の歴史を持つ中国では、学校の教育においても歴史は重要な教科の1つであり、中国では自国の歴史について誇りを持っている人が非常に多い。こうした環境にあるためか、他国の歴史の教科書において中国がどのように扱われているか、中国に対してどのような記述があるのかを気にする中国人もいるようだ。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本と韓国と米国の歴史の教科書を見てみると、それぞれの国で中国に対する扱いや記述は大きく違っていたと伝え、その差は「雲泥の差」であると伝えている。

 記事はまず米国の歴史の教科書について「中国に対する記述は非常に客観的かつ中立である」とし、その内容は中国の歴史の教科書を参照したと言えるほど、中国の教科書と差がないほどであると強調。また、火薬をはじめとする中国の歴史上の偉大な発明についてもしっかりと言及があって、これでこそ「子どもたちは物事の正しい判断ができる」と主張した。

 続けて、日本の歴史の教科書について、「清朝末期の中国について、腐敗が蔓延していた」といった記述から軽蔑の気持ちが見て取れるとしたほか、近代の戦争について「まるで自国を被害者であるかのような記述がある」と主張。また、自国が中国などで行った悪行については記述しないなど、客観的ではないと批判した。

 また記事は、韓国の歴史の教科書について「米国とも日本とも違う」と伝え、史実とかけ離れた記述が見られると主張。史実を正確に記述せず、正しい歴史を教えないことは「改ざんであると同時に、中国の歴史に対する侮辱である」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)