訪日中国人が増えるにつれ、中国を訪れたことのない日本人でも「中国人とはどのような人びとなのか」を知る機会が増えていると言えるだろう。中国人としては、日本人からどのように思われているのか、日本人が中国人に対してどのようなイメージを抱いているのかという点は気になるところのようだ。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本人の目に映る中国人の姿や中国人に対するイメージは「中国人が想像しているものと大きく違っていた」と指摘する記事を掲載し、日本人が抱く中国人のイメージについて紹介している。

 記事は、日本人にとっての中国という国のイメージは「長期間にわたってほとんど変化していない」と伝え、いまだに発展が遅れた国というイメージを抱く人も多いと指摘。また、メディアから伝わる中国といえば「大気汚染が深刻」、「中国人は騒がしく、マナーが悪い」といったネガティブな情報が中心であると論じた。

 さらに、日本人は表面的には中国人に対して友好的で、礼儀正しく接すると主張する一方、それは建前であり、本音は違っていると主張。「中国は自分勝手で覇権を狙っている」、「中国人はいつまでも歴史問題を持ち出してくるので煩わしい」と感じている日本人は少なくないと主張した。

 一方、日本人の多くが古代中国の歴史、さらには中華料理や漢方といった文化を認め、尊重しているのも事実であると指摘し、日本人の中国や中国人に対するイメージは非常に複雑であり、中国人にとっては「自分たちが想像しているものと大きく違っていた」と感じられるものであると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)