日本は第2次世界大戦後、荒廃の中から急速な経済発展を遂げ、アジアで最も発展した国になった。しかも、決して国土面積は広くないため、広大な国土を有する中国からすると「どうやって発展したのか」と不思議に思えるようだ。中国メディアの捜狐は20日、ある中国人バックパッカーの観察をもとに、「なぜ日本は面積が小さく資源も少ないのにアジアで最も進んだ国となれたのか」と題して、その理由を分析する記事を掲載した。
・・・・

続きを読む