日本には生食の文化があり、生で食べられるのは「新鮮さ」の証拠であり、一般的に値段も高くなる傾向にある。中国メディアの快資迅は18日、日本人の刺身好きは多くの中国人が知るところだと指摘する一方、「刺身で食べる食材の多さは中国人の想像を遥かに上回っている」と紹介する記事を掲載した。

 基本的に生食の習慣がない中国では魚の刺身を口にすることすら抵抗を感じる人が少なくない。だが、最近では少量ではあるがサーモンの刺身を販売するスーパーも増えている。また、中国でも日本料理がブームとなっているため、特に若者の間では居酒屋スタイルの店が料理も含めてお洒落で新しいと映っている。しかし、中国の居酒屋で提・・・・

続きを読む