今年は日本男子マラソン界にとっては大きな飛躍の年になった。2月の東京マラソンで設楽悠太選手が16年ぶりに日本新記録を更新すれば、10月に大迫傑選手がシカゴマラソンを2時間5分50秒で走り、さらに記録を塗り替えた。また、12月の福岡国際マラソンでは服部勇馬選手が日本人で14年ぶりに優勝した。中国メディア・東方網は21日、「日本のマラソンの全体レベルがどうしてこんなに高いのか」とする記事を掲載した。 続きを読む