日本と中国では企業の風土や社員の働き方には大きな違いがある。中国人から見ると、日本で働くことは中国で働くこととどのような違いがあるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本と中国の働き方や会社の風土に関する違いについて紹介する記事を掲載した。

 記事がまず紹介したのは新入社員に対する教育の違いだ。中国では一般的に社員教育は「非常に簡単に行うだけ」であり、これは新卒社員であっても同様だ。日本のように時間をかけて社員教育を行うことはなく、まったく社員教育など行わない企業も少なくない。これは中国では転職がごく当たり前のことで、社員がすぐに転職してしまう可能性があるため、教育に時間とコストをかけても無駄という考えがあるのだろう。

 次に、日本ではわずかながらも毎年昇給する会社が多く見られると指摘し、給与体系はあくまでも職位によって左右されるが、中国の場合は個人の能力によって給与が決まり、会社の業績によっては一度に大幅な昇給もあると紹介した。

 さらに、日本では有給休暇が取りづらい雰囲気があり、たとえ身内の不幸で有給休暇を取る場合でも、同僚の前では「有給を取ることに申し訳ない」態度を出すのが日本人だと指摘。一方、中国では身内の不幸であれば他の社員の前で泣き喚いても問題なく、感情をあらわにしても白い目で見られることはないことを強調した。

 日本と中国では労働環境も大きく異なり、働き方や働くことに対する考え方も大きく違っている。日本企業は社員の「和」で事業を推進するのに対し、中国ではあくまでも個人の能力でどんどん仕事を進める傾向が強い。また、日本のように年功序列という考え方もないため、給与は記事の指摘のとおり、個人の能力によって大きく変わるのも特徴だ。こうした違いがあるため、中国人が日本企業で働くと様々な違いに直面し、面食らうことも多々あるという。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)