近年の中国では日本食を提供するレストランや居酒屋が増えている。こうしたレストランでは「刺身」も提供されていて、中国にいながら日本食を食べることもできるようになった。だが、「生食」に抵抗を感じる中国人は数多く存在するのも事実で、中国メディアの快資訊はこのほど、「日本人は刺身が好むが、生のまま食べて寄生虫が怖くないのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、「中国で刺身を食べる際には注意するように」と伝えている。

 記事はまず、今や「刺身」は日本料理として世界中に知られているが、中国から日本に伝えられたものであると主張。当時、中国で食べられていた「刺身」は川魚の刺身で、寄生虫による死者が多数出ていたことから、中国では徐々に「刺身」は食べられなくなっていったと主張する一方、近年は再び日本から「刺身」を食べる文化が持ち込まれ、中国でも刺身を食べる人たちが増えてきたと伝えた。

 続けて、「日本の刺身は危険ではないのか」と疑問を提起しつつ、日本は四方を海に囲まれている国であるため新鮮な魚介類が手に入ることや、刺身を食べる際に添えられている「ワサビ」に殺菌効果があるゆえ、日本で提供される「刺身」は食べても問題ないのだと主張した。

 また、日本でも刺身を食べた後に寄生虫による腹痛を訴える人が多数存在すると指摘しつつも、対処する技術が確立されているため大事には至らないと指摘し、日本人は刺身を食べることに抵抗を感じないと紹介した。

 近年は中国でも刺身を味わえる日本料理店が増えているが、消費者の見えないところで魚がどのように扱われてきたか知る術がなく、鮮度が保たれているか疑わしい魚もたくさん存在しているのも事実であるゆえ、中国で刺身を食べる際には注意した方が良いだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)