日本の美食というと寿司や天ぷらなどを思い浮かべる人は多いだろう。和食はユネスコ無形文化遺産にも選ばれている。しかし、美食と言っても外国人には受けが良いものばかりではない。中国メディアの快資訊は18日、日本の変わった美食を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、外国の美食と言えば一度は食べてみたいものだが、日本の「ある美食」はそうでもないとし、日本在住の中国人がネット上で紹介していた「日本の変わった美食」を2つ紹介している。1つ目は「たまごかけご飯」だ。

 この中国人は、たまごかけご飯というのは温めたご飯に生卵をかけて、醤油を垂らしてかき混ぜるだけだと紹介。実際に検証してみた時の様子を写真で掲載している。残念だが口には合わなかったようで、一口であきらめて代わりにプリンをかけてみたそうだ。なぜプリンをかけてみようと思ったかは謎だが、味についてはコメントがないので成功しなかったようだ。

 次にこの中国人が試してみたというのは、「日本では大人気の食べ物である納豆」だ。たまごかけご飯と同じで、ご飯とかき混ぜて食べると紹介しているが、こちらはどうだろうか。食べ方について、まずは納豆に添付してあるたれを納豆にかけて混ぜ、それからご飯にかけると紹介。しかし、こちらも一口だけでギブアップしてしまったようだ。

 多くの中国人にとっては、たまごかけご飯にしても納豆にしても、受け付けにくい食べ物のようだ。記事は結論として、「美食といっても地元の人にしか良さが分からないものがあるようだ」と締めくくっている。

 生卵に関しては、日本では衛生管理が行き届いているのでできることだが、中国ではあまり真似しないほうが良いかもしれない。この記事が紹介した写真では、ごはんがあつあつではなさそうにも見受けられ、作り方にも問題があったのかもしれないが、中国人は生ものを食べる習慣がなく、絶対的多数の中国人が生卵を食した経験を持たないであろう。本来はたまごかけご飯も納豆も非常においしいものである。初めて食べる外国人には、ぜひ日本の店で炊き立てのご飯と食べてみて欲しいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)