日本政府は18日、防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」と、来年度から5年間の「中期防衛力整備計画」を閣議決定した。それには、F35Bステルス戦闘機の購入といずも型護衛艦の改修が含まれ、注目を集めている。中国メディアの快資訊は19日、日本は最新の武器装備に必死になり、専守防衛から逸脱しようとしているとする記事を掲載した。

 記事は、「防衛計画の大綱」について、これまでと異なっている点と・・・・

続きを読む