中国で注目されたシェア自転車事業を日本でも導入する自治体が相次いだが、ここにきて大津市、和歌山市、北九州市などで、提携先の中国企業が急に撤退したために、困惑している様子が新聞等で報じられている。(写真は、東京の自転車シェアリング。提供:日本経営管理教育協会)

続きを読む