香港証券取引所のIPO(新規上場)による資金調達額が2018年は、世界トップをNY市場から奪還した。2015年、16年と世界トップだった香港は、17年はNY、上海、ロンドンに次ぐ第4位に後退したが、2018年4月に上場ルールを緩和する刺激策を打ち出し、世界一に返り咲いた。ただ、中国の景気減速や米中の貿易摩擦などが嫌気され、IPO銘柄の上場後の株価パフォーマンスは低調だった。この上場後の株価低迷は、来年のIP・・・・

続きを読む