中国には日本のコンビニチェーンが進出しており、都市部では日本でおなじみのコンビニエンスストア(コンビニ)の看板を見る機会は非常に多い。コンビニは中国語で「便利店」と表記するが、同じコンビニでも便利さの度合いではやはり日本のコンビニの方が上なのだという。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本のコンビニは「すごすぎる」と論じる記事を掲載し、日本のコンビニの利便性を体験してしまうと「中国の便利店はさほど便利でないことに気づく」と伝えている。

 記事はまず、日本を訪れた中国人は「日本の街中には中国と違って朝食を提供する店や、軽食を提供する露店がまず存在しないことに気づく」と指摘し、これは日本ではコンビニが非常に強大であることと関係していると主張。

 なぜなら日本のコンビニは朝食のみならず、朝・昼・晩とすべての食事の問題を解決してくれるためであり、日本ではコンビニさえあれば、弁当やパン、おにぎり、インスタントヌードル、場合によっては、寿司のようなものまで何でも購入できると指摘した。

 さらに、日本のコンビニでは日常生活に関わるあらゆるニーズを解決できるとし、公共料金の支払いやチケットの購入など、日常生活の拠点と言って良いほどだと指摘。非現金決済が普及した中国では公共料金の支払いはスマホさえあれば可能であり、街中には熱々の美味しい朝食を提供する店があるものの、コンビニの利便性を比較すると「日本のコンビニの方が上だ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)