中国メディア・東方網は14日、トヨタの大型ミニバン・アルファードが、日本に匹敵するようなレベルで普及している場所があるとする記事を掲載した。

 記事は、「中国国内には、日本車が特に多い場所がある。1つは広東省、もう1つは香港だ。広東省の日本車が多い理由は、現地の人が日本車に対して省エネで、メンテナンスのコストが低いと考えているからだ。香港で日本車が多いのは、香港が日本と同じ左側通行だから・・・・

続きを読む