中国メディア・中国新聞網は12日、浙江省杭州市で行われた競泳短水路世界選手権男子200メートルバタフライ決勝で、「中国の娘婿」瀬戸大也選手が世界記録を更新して優勝し、その後の記者会見で中国語を使って挨拶をしたと報じた。

 11日に夜に行われた同決勝には瀬戸選手のほか、世界記録保持者のチャド・ルクロス選手、中国期待の若手・李朱濠選手が出場。前半100メートルでトップに立った瀬戸選手は後半も・・・・

続きを読む