法務省によると、2018年6月末時点における在留外国人の数はおよそ263万人7251人と過去最高を記録した。国籍別で一番多かったのは中国の約74万人だった。今も就職や留学などの理由で多くの中国人が日本で生活しているが、中国メディアの捜狐は6日、仕事のために日本で生活していた中国人が「母国へ帰国したことを今も後悔している」と紹介する記事を掲載した。

 記事が紹介した中国人は、仕事のために数・・・・

続きを読む