中国は自国の高速鉄道を発展させるうえで新幹線をライバル視している。新幹線と中国高速鉄道は東南アジアなどで受注競争を繰り広げているが、こうした争いも中国人の新幹線に対する競争心を高める要因となっていると言えるだろう。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本を訪れて新幹線に初めて乗車したという中国人の手記を掲載し、「新幹線に乗車して何かが違うと気づいた」と紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本の技術は世界的に高く評価されており、新幹線の評価も世界的に高いと強調し、「それでは新幹線と中国高速鉄道では何が一体大きく違っているのだろうか」と疑問を投げかけた。続けて、初めて新幹線に乗って気づいたこととして、「多くの日本人客が新幹線の車内でタバコを吸っていたこと」を紹介し、乗務員はタバコを吸っている人を注意することもなかったと指摘した。

 中国高速鉄道の車内は完全に禁煙であり、喫煙ルームも存在しない。それゆえ中国では駅に停車しているわずかな時間にホームに降りてタバコを吸う乗客も見られる。中国高速鉄道が完全に禁煙であるがゆえに、この中国人は新幹線では喫煙できるということに驚いたようだ。

 記事は、「新幹線には喫煙ルームがあって、そこでならば喫煙することができる」と紹介し、これは中国高速鉄道との大きな違いだと強調。中国は喫煙率が非常に高く、喫煙者からすれば「車内でタバコを吸えるかどうか」は重要な点らしく、「これこそ新幹線と中国高速鉄道の差である」と主張した。

 新幹線は全席禁煙が基本だが、一部で喫煙席のある車両が今も存在する。また、喫煙ルームもすべてに設置してあるわけではない。だが、喫煙者らしきこの中国人は「車内で我慢することなく、タバコが吸える」のは新幹線の強みだと考えているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)