「宇宙強国」を目指す中国は、衛星打ち上げを活発化させている。中国航天科技集団有限公司傘下の中国長城工業集団有限公司は7日、運搬ロケット1本で人工衛星12基を打ち上げ成功したと発表した。また、8日未明には、四川省の西昌衛星発射センターから、運搬ロケット「長征3号乙」を利用し、月面裏側を観測する予定の無人探査機「嫦娥4号(Chang’e 4)」を打ち上げた。

 北京時間の7日12時12分、甘・・・・

続きを読む