日本の炊飯器は常に進化を続けており、同じ米でも炊飯器によって味に違いが出るほど米の美味しさを引き出す技術が追及されている。白米を主食とする中国でも電気炊飯器は広く普及している家電の1つで、近年は「日本の炊飯器は美味しく米が炊ける」として買い求める中国人も増えている。中国メディアの今日頭条は6日、「中国人の生活に身近な電気炊飯器を発明したのが、日本人だったとは思っても見なかった」と主張する記事を掲載した。 ・・・・

続きを読む