日中間の交流が増えるにつれて、中国人と日本人の時間に対する概念が異なることが知られるようになっている。中国メディアの今日頭条は3日、日本で働く外国人が、「日本人が時間に厳しいのは遅刻に対してだけか」と、矛盾を訴える声を記事に紹介した。

 記事は、少し前に反響を呼んだ「日本人はスタート時間しか守らない」という指摘を紹介。このツイートをしたのは日本で働くスペイン人で、日ごろから周囲に「ラテン系は時間を守らない」と言われ、日本人は時間厳守することを美徳として誇っている節があるが、自身の体験から「会議の終了時間が予定より2時間も延長するのは、5分遅刻するより酷く感じる」と訴えたことを紹介した。

 また、日本の会社の中で見られる暗黙のルールの1つとして、「始業時間よりも早く来て、終業時間より遅く帰る」のが美徳のように扱われ、「遅刻には厳しいが、サービス残業を強いられる」ことも、日本人の時間概念における矛盾であることを強調した。

 これに対し、中国人ネットユーザーからは、「遅刻しないのは相手を尊重することだが、サービス残業は他人の時間を盗む行為だ」と批判するコメントや「中国だって誰も時間どおりに帰りたいとは言えない。中国の残業事情も恐ろしいことになっている」と、中国の職場環境も厳しいと訴える声も寄せられた。

 こうした職場でのやり場の無い不満は、日中どもに存在しているようだ。日本人は時間に正確な国民性と言われることもあるが、日本ではスタートの時間は厳守とされるが、終了の時間は確かに曖昧であるケースが多い。働き方改革が叫ばれるようになった今、終わりの時間もしっかりと守っていくことが求められるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)