中国メディア・東方網は6日、世界卓球ジュニア選手権団体決勝で、男女とも中国が日本を圧倒する一方で、女子では日本期待の選手に一矢報いられる一幕があったことを報じた。

 記事は、5日に行われた同大会決勝は男女いずれも日本と中国との争いになり、男子は3−0で、女子は3−1でいずれも中国が勝利を収めて優勝したとする一方で「唯一落とした女子の第3試合に注目が集まった」と伝えた。
続きを読む