中国メディア・環球網は6日、日本の製造業が誇る品質の高さは決して製造者の良心からくるものではなく、厳しい外的要因があったからだとする文章を掲載した。

 記事は、「この数年、日本製品は神の如く扱われ、その高品質さは日本特有の『職人気質』という言葉によって認識されてきた。それが近ごろでは日本の製造業でしばしばスキャンダルが発生するようになり、多くの人が『日本人の良心が壊れた』、『日本の製造業は没落した』と嘆いている。しかし、日本製品の品質が良かったのは、日本の生産者の徳が高かったからではなく、外部からの縛りによって成し得た者だったのだ」とした。

 そして、日本の製造業・・・・

続きを読む