中国では年間20万人以上の子どもが誘拐され、行方不明になっていると言われる。一方、社会が成熟し、誘拐もほとんど発生しないはずの日本でも年間8万人もの人が行方不明となっていることに中国人は驚くようだ。

 中国メディアの一点資訊は2日、日本では毎年多く人が行方不明になっていると紹介する記事を掲載し、行方不明となる理由と失踪者がどのように生活していくのかについて論じている。

 記事はまず、日本では年間約8万人もの人が行方不明者になっていることを指摘し、「生活環境が良い日本でこれほど大勢の人が行方不明になっていることは、中国人には理解できないことだ」と主張。安定した生活を・・・・

続きを読む