広大な国土に住む中国人は、日本人と比較すると仕事や帰省のために長距離の移動をする機会が多い。飛行機を使って数時間で移動を済ませるか、数日長距離バスに乗り続けるかの差は大きいが、中国の長距離バスは決して快適なものではない。中国メディアの快資迅は1日、「日本の高級高速バスの快適さは、飛行機のファーストクラスに匹敵する」と紹介する記事を掲載した。

 中国高速鉄道は拡大を続けており、中国人が選択できる移動手段の幅も広がったと言える。価格で言えば長距離バスは格安で移動できるが、快適さや速さも考えると長距離寝台列車や、高速鉄道、飛行機とランクが上がり、それぞれニーズに合った手段が選ばれている。

 記事は、日本を旅行で訪れた中国人が体験した「高級高速バス」を紹介し、中国人読者を驚かせた。この中国人の印象では、「日本人は長距離の移動に高速バスを選ぶ人が多い」と感じ、大きな衝撃を受けたという。なぜなら、中国の長距離バスは格安運賃ゆえ、または他の交通手段のチケットが取れなかったという理由で仕方なく選ばれるもので、車内の狭い空間を長時間耐えることを余儀なくされるからだ。

 また、中国の長距離バスの車内の座席は二段ベッドのような横になるタイプの棚が並び、通路も狭く、自分の席で横になっても顔の周囲に他人の足や、顔がある状態で、プライベートは皆無で、快適さからは程遠い。

 しかし、記事は「日本の高級高速バスは全く異なる」と主張し、「飛行機のファーストクラスよりも広く快適な空間で、座席数は少なく、人気があるため、事前に予約をしなければ席が取れない」と指摘した。中国のバスは多くの乗客を乗せて儲けを出すことを重視しているが、日本のバスは快適さと高級感を売りに、座席数が少なくてもプライベートな空間を重視して競争していると言えるだろう。

 両国の移動手段を比較し、記事は「人口が多く、日本より遥かに長距離移動が必要な中国人にとっては、高速鉄道の方が速くて快適な移動手段として相応しい」と指摘した。この中国人は中国の陝西省から貴州省までの約3000キロメートルを長距離バスで移動をしたことがあるそうだが、「全身が痛くなり、移動だけで疲労困ぱいだった」と語っているが、これを聞くと日本とのスケールの違いを痛感させられる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)