インターネットが普及したことで、日々接する情報量は急激に増加していると言えるだろう。日本を訪れる中国人観光客も、自分が見たものをSNS上に瞬時に上げることができ、日本を訪れたことのない中国人に対してリアルな日本を伝える情報源の1つとなっている。中国メディアの快資迅は3日、「中国人観光客が日本でゴミが散乱した場所を撮影し、その写真を拡散したことに対して日本人が怒っている」と主張する記事を掲載した。 続きを読む